あるふぁべてぃかるおーだー

子どものおもちゃ、絵本、グッズを中心に紹介しています。

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について

・当サイトでは、第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」を利用しております。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報『Cookie』(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。

また、Googleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。

 

・当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

ピアノを始める際、最初に読む本! ドラえもんの学習シリーズ「ピアノと歌がじょうずになる」

ドラえもんの学習シリーズの「ピアノと歌がじょうずになる」は、老若男女のピアノスタートの強い味方だと思います。特に子どもにとってはこれ最高じゃないですかね。前半約半分がピアノ、残り半分が歌と作曲についてとなっています。

ピアノと歌がじょうずになる (ドラえもんの学習シリーズ―ドラえもんの音楽おもしろ攻略)

僕はこの本を10年近く前に、ピアノのやり直しをする時に使いました。やり直しと言っても子どもの時はとても不まじめな生徒だったので、ほぼ0からに近かったのですが。初老の男性の先生だったんですが、大人の僕に対して申し訳なさそうにこの本を進めてくれたのですが、これがなかったら速攻やる気なくしていたかもしれません。それくらい、大人にも子どもにもピアノの導入時に最適だと思います。

続きを読む

帰省の費用(3歳未満の子どもと両親)について考える。

お盆に帰省するならかなり早い段階から計画しておく必要があるらしい。今までは帰省の時期をお盆とはずらしていたのであまり交通費を気にしたことがなかった。しかし子どもが生まれ、帰省も家族そろって行うとなるとどうしても最も込み合う「所謂お盆」時期になる。僕の実家は本州ではないので飛行機での帰省が一般的だ。すると・・・

 

もう勘弁してほしい!ちょっと帰省するだけで10万弱とか無理ですよ。しかも飛行機代だけでこれなので、向こうでかかるお金を足すととんでもないことになる。しかし子どもは3歳までは飛行機代がかからないのでいまがんばらなくては。。。

続きを読む