読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうこうしているうちに子どもは育つ

案外父親は育児にするどい知見がある!(かもしれない)

僕の唐揚げ記念日

サラダ記念日 (河出文庫―BUNGEI Collection) 作者: 俵万智 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 1989/10 メディア: 文庫 購入: 18人 クリック: 892回 この商品を含むブログ (39件) を見る 雛人形は出せなかった。僕の住む2LDKにはそんなスペースはない。…

2歳の娘に「クサイ」と言われた話。

よく聞くじゃないですか、「高校生くらいになると女の子は父親の服と自分の服をわけて洗濯する」とかそういう話。そんなのずーっと先の話と思っていました。まだ2歳ですからね。 最近では「パパはイヤ」「ママがいい」もすごいですが、それもある意味一時的…

副詞に涙するも、疑念を抱く。

先日息子が過去形を使いだしたことに感動して、ただそれだけの投稿をしました。あれ、ブログって”投稿”であってましたっけ? 要約すると、「動物園に”行った”」みたいなことが言えたという話で、それ以上でも以下でもないです(笑)でも親としてはもう涙なしで…

過去形に涙する。

タイトル通りの内容です。子どもの初過去形(初と過去形は馴染まないな笑)に涙しました。 先週の土曜日に動物園に行きました。やはり成長とともにリアクションも大きくなり、時には生身の動物の迫力にびびりながらも、満足してくれたようでした。

有給メモ

有給は4月に復活。いま残日数0。妻も似たようなもの。子の看護休暇はまだ残っている。 有給、昔は残りまくってたんだけどなあ。あの時の分、返してくれないかなあ。 なんてちょっとナーバスになっていると思っても、気がついたら「ブンバボーン!」とか唄い…

もしも上手に絵が描けたなら

最近子どもたちが気に入ってる遊びの一つにお絵描きがあります。 しかし絵を描くと言ってもまだぐるぐるぐるぐると、ひたすら塗りつぶすだけですが。それでも息子と娘ではだいぶ色合いが違っていたり。面白いです。 お絵描きの途中、突如として親に何か書い…

2016年やりたかったこと、を振り返ってみる。

新年早々ネガティブな匂いが漂うタイトル。そうです、お察しの通り、昨年やりたかったけど出来なかったことを5つ挙げてみたいと思います。 そもそもどうしてこれを書いたかと言いますと、「2017年にやりたいこと」をお題にしてブログを書きませんか的なこと…

動物園にいって、他のお父さんを見て思ったこと。

僕と妻と子どもたち、四人で動物園に行った。寒くなってきたからか、秋に比べると人の数は少なくなっていた。東京のイヤな暑さにまいっていたのか、動物たちは夏よりもずっと俊敏だった。動物に対して使うのはおかしいかもしれないけれど、野生的だった。娘…