読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうこうしているうちに子どもは育つ

案外父親は育児にするどい知見がある!(かもしれない)

『STRIDERをめぐる冒険』

育児 STRIDER

 

まずはじめに。STRIDERとは?

子どもがよく遊んでいるのを見かける、ペダルなしの自転車型の乗り物。ランニングバイクともいうらしいですね。ペダルなしなので当然足で地面を蹴って進むってみなさんご存知ですよね。

 

古くからの友人に勧められる。

古くからの友人(ダチ)は嘘をつかない。先日帰省した時に、「2歳になった?じゃあそろそろストライダーだね。ウチの子あれやってたから、自転車の練習1日だったよ。」と言われた。もちろん補助輪なし、での話だ。そんなことがあるのだろうか。僕は1週間くらい傷だらけになり練習した。ヒザやヒジのパットなんて僕の時代にはなかったし(いやあったんだろうけど、その文化は田舎まで届いていなかった)。それが1日?そんなバカな・・・。でも古い友人は嘘をつかないハズだ。

 

 


STRIDERの効用。

公式ホームページを見ると、
・2歳児でも直感的に楽しめる。
・子どものバランス感覚が向上する。
というような内容が書いてある。古くからのダチの言う通りだ。購入しない理由が見つからない。

 


種類は2つ。

クラシックタイプ(これがスタンダードなもの)とスポーツタイプがある。
値段はスポーツタイプの方が少し高い。でも公式ホームページでみるとクラシックタイプで¥10,900(税抜)と思ったより安い。僕は¥29,800くらいを予想していた。ふぅ~。ますます購入しない理由が見つからない。

 


STRIDER目になって、公園に偵察にいく。事件発生。

行きましたよ、公園に。しかも集中してリサーチしたいからと、子どもの世話は妻に頼み単独で乗り込みました。後から考えると絶対に妻子同伴で行くべきでした。おじさん一人では、子ども達の様子を見づらいのなんのって(笑) サングラスなんか掛けるとさらに変だし。
しかし、そこで僕はとんでもないことに気が付くのです。
ん?あのSTRIDER、なんか変だなあ。 僕は周囲の目も恐れず目を凝らしました。
「S・P・A・R・K・Y」
スパーキー!なんかああいう乗り物で、違う種類のものがあるんだ・・・。僕はぐったりして家に帰りました。少し偏頭痛も始まっていました。実話です。


SPARKYの逆襲。ここが違う。

STRIDERと比較するとかなり安い価格設定。
STRIDERには無かったブレーキがついているらしい。
STRIDERは組み立てが必要なのに対し、組み立て済のものを発送してくれるらしい
STRIDERには無かったスタンドがついているらしい。


そしていま・・・。

未だ答えが出ていません。社会が発達し、選択できるという幸福な時代に生きる僕たちは、時にこういった問題に直面してしまうのですね。なんかSPARKYに傾いてはいますが、愛されるには必ず理由があるからSTRIDERも捨てがたい。困ったなあ。

f:id:waytogo:20170123160209j:plain