読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうこうしているうちに子どもは育つ

案外父親は育児にするどい知見がある!(かもしれない)

二歳児の「パパはいや」を利用する。

育児 2歳

最近寝かしつけながら、寝かしつけられることが多い…。

 

そこからなんとか起き上がり家事を済ませてから、夜中にこのブログを更新して寝るとい不規則きわまりない毎日です。いや、そういう規則性か(笑)

 

とにかくママじゃないとダメになっている子どもたちですが、まあそんな時期なんだろうとあまり気にしていません。かわいそうに、この現象に本気でへこんでいる父親も知っています。しかし昨日の朝はなかなかのものでした。

 

 

先に起きて妻と話をしていると、

「パパイヤダーーー(絶叫)」と言いながら娘が起きたんです。

 

ママがいい!と、パパいやだ!は、同じようでだいぶ違いますよね(笑)しかしそんなパパいやだ!を少し利用することも覚えてきました。僕も少し強くなってきたのかもしれません。

 

例えば、いま絶対素直に服をきてくれないだろうな、みたいな時ってなんか分かりますよね?そんな時はまず率先して父親の僕がいきます。すると案の定、


「パパイヤダー!」になりますよね。

 

そこで、
「じゃあママにやってもらおうか?」という流れに持っていくと、結構うまくいくんですよね。

 

みんな使ってる手なのかなあ?今日もパパイヤダー!はやめてほしい…。