読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうこうしているうちに子どもは育つ

案外父親は育児にするどい知見がある!(かもしれない)

子連れの帰省・旅行の持ち物と飛行機の座席について (ちょうど2歳くらいの時の記録を元に)

旅行 双子 育児 帰省

 

はじめに。帰省時の我が家の状況など。

昨年末はじめて子ども連れで帰省しました。

だいたい2歳1ヶ月くらいの双子と両親で、飛行機に乗るのもはじめてでしたのでかなり不安でした。3泊4日だったんですが、いやー本当に疲れましたね(笑)

でもおじいちゃん・おばあちゃんが喜んでくれたし、兄一家(子ども多め)ともやっと一緒に食事できたりで帰省した甲斐はありました。

振り替えると、結果的に持ち物と飛行機の座席選びは正解だったなあという実感がありますので、実際に帰省前につくった持ち物リストに結果を書き込んだものと、飛行機の座席について書きます。もちろん帰省に限らず旅行でも少しは参考になるんじゃないかと思っています。

ちなみに“子どもたちが飛行機の中で静かにできるか”という一番の心配は、まったく問題なしでした。僕は飛行機が怖い大人なので、よっぽど僕の方が迷惑な感じになっていたかも(笑) 

 

 

飛行機の座席についてオススメはここ。

画像:ANAサイトより抜粋。

f:id:waytogo:20170217102949j:plain

 

主なポイントはこんなところです。

  • 後ろに人がいない。
  • おむつ交換台付きのトイレが近い。 
  • 通路側である。
  • 緊急時には非常口も近い(これは念のためですが…)

どうして隣同士ではないのかと疑問に思われるかもしれませんが、緊急時の酸素ボンベは2シートに3つまでしか用意がないようなので、個人で座席をとっていない乳幼児は隣同士では席がとれないんです。

 

 

持ち物はこんな感じでした。

f:id:waytogo:20170217140450j:plain

”二人の安心タオル”とかなんだそれ?って感じですかね(笑) 要するに気にいっているタオルをそう呼んでいるだけです。でも定期検診の時にクセを記入する欄があり、その選択肢に”タオルもち”とあった時には笑いました。いいネーミングセンスですよね~。

 

あと”哺乳瓶”と”おしゃぶり”が気になった方もいらっしゃいますよね(笑) さすがに2歳なので普段はいらないんですが、寝る前に突如として「哺乳瓶で白湯を飲ませろ」「おしゃぶりをくれ」みたいな要求があるんですよ。依怙地になってもしょうがないかと、ウチでは与えていました。

 

最後に。

普段の生活を再現しようとするとキリがない、と言いながらもやはり子連れは欠かせないもの、代用できないものも多く結局多くなってしまいました。一部先に送ったものもありますが、日々の生活の延長にあるものがほとんどなので飛行機に乗せて持参しなければいけないものも多かったです。

 

以上、少しでも参考になれば嬉しいです!