読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうこうしているうちに子どもは育つ

案外父親は育児にするどい知見がある!(かもしれない)

子ども番組界のスーパーヒーローだいすけお兄さん、お疲れ様でした!今度はお兄さんじゃなくなったあなたの歌が聴きたい。

おかあさんといっしょ

※だいすけお兄さんとは。横山だいすけ。33歳。千葉県出身。NHKの番組「おかあさんといっしょ」11代目うたのお兄さん。

 

だいすけお兄さんやめちゃうのか〜
あっ、いや卒業か。本当に残念だなあ。署名運動始めかねない衝撃でしたよ、実際の話。


子ども番組界のスーパーヒーロー。努力の人。うたのお兄さんになる事だけを目標に生きてきた男。なんだか泣けますよ。

 

アラフォーの男が夜中にこんなことを打ち込んでいることからも、ことの重大さが分かってもらえると思います。という事で、少しダラダラと書いてみます。

 

別にあの歌声がこれから先聴けなくなるわけではないけど、これまでのようにはいかないよね。安心してみていられるものってあまり無いんですよね。そういうのを突き詰めたら普遍性ってことになるんだろうけど、だいすけお兄さんの唄にはそういう心を落ち着かせてくれるものがあったんだよなあ。

 

でも本人はほっとしているのかも。普通あそこまでいったらなかなか辞めどきが分からないと思うんですが、納得するものがあったんでしょうね。でもあそこまで成功してるからこそ辞められるのかもとも思いました。だって、なんか勿体無いかなせっかく上手くいってるし、みたいなレベルじゃないですもんね。

 

あっ、お兄さんって言うくらいだから年齢もあるのかな〜。誰もピーターパンにはなれないですからね。

 

延々書いちゃいそうなんでこの辺で。ここまで読んでくれた方、ほんとすいません。
とりあえずだいすけお兄さんには「お疲れ様でした!楽しませてくれてありがとう!」と言いたい!勝手に言えよ!と。そうですよね(笑)